« 海外サーバ、PHP | トップページ |

世の中そんなに甘くない!

»

営業のアウトソーシング

営業のアウトソーシングはもはや有名で、営業部門が弱い、メーカーに営業のアウトソーシングを請け負う会社が確かにある。

しかも、一部上場の企業でだ。

グローバル化とアウトソーシングが同時並行で拡大していくと、先進国の労働者は最終的に生きていくのにギリギリの賃金しかもらえない社会となっていく。

リストラに関しての営業部門における対応

すべてのサラリーマンは、短期のアルバイト並みの最低賃金にまで落ちて「貧困層」になる確率が高い。すでに、その兆しが出て来ているのは誰もが知っている。

サービス残業は悪だといわれている傾向にはあるが、そのサービス残業をあたりまえのように低賃金でこなし、しかも、効果が現れなければリストラという項目を選ばなくても解除ができる。

また、アウトソーシングは日本人である必要がない場合もある。

そうなると、やはり賃金の安い外国人が日本人の職を奪っていくのだ。

最近でいえば、ソフトバンクの受付、営業推進部が片言の日本語を使う外国人であったのは記憶に新しい。

また購買におけるリストラも同様に下請けのリストラにつながっているのだ。

« 海外サーバ、PHP | トップページ |

世の中そんなに甘くない!

»

お金etc」カテゴリの記事