« 自己破産/借金の返済方法を考える | トップページ | ニュースです!! ついに5.9%~15.0% !! ORIX VIP ローン »

過払いになるかの判断基準

借金に関するご相談をお受けするなかで、「A社と○年取引していますが過払いになっていますか?」というご質問をよくいただきます。しかし、何年取引していたら過払いになるというようなはっきりとした基準のようなものは残念ながらありません

もちろん、取引年数が長ければ長いほど、不当に取られた利息も多くなりますので、一般的に過払いになりやすいとはいえます。 しかし取引の年数が長くても、取引の途中で一度完済して、何年間も取引がまったくなく、久しぶりに取引を開始したような場合は、過払いが発生しないことも考えられます。

わかりやすくするため極端な例でご説明したいと思います。

具体例

Xさんは、10年前にA社から10万円を借りて、1ヶ月も経たないうちにすぐに全額返済をしました。その後、10年近く全くA社と取引がなかったが、つい2ヶ月ほど前に、久しぶりにA社から10万円を借りたような場合を想定します。

そのような場合、A社とは確かに10年前から取引があったといえますが、実際に不当に利息を取られていた期間はほんの2~3ヶ月くらいです。かかる場合に過払いにならないこと明らかですよね。

つまり、過払いになるかどうかは、業者から、過去の取引明細を全て取り寄せ、全ての取引を利息制限法の上限利率で計算し直さないとわからないのです。

ただ今までの経験上、過払いが発生するかどうかの大まかな判断基準が3つありますので、ポイントを下記にまとめたいと思います。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

« 自己破産/借金の返済方法を考える | トップページ | ニュースです!! ついに5.9%~15.0% !! ORIX VIP ローン »

自己破産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533751/10476737

この記事へのトラックバック一覧です: 過払いになるかの判断基準:

« 自己破産/借金の返済方法を考える | トップページ | ニュースです!! ついに5.9%~15.0% !! ORIX VIP ローン »