トップページ | 間違った情報 »

消費者金融の金利について

金利も業者によって様々な形式にわかれますが、ここでは消費者金融の金利について書いていきたいと思います。

金利は実際年計算(年利)となっており、融資総額に合わせたパーセンテージの金利がかかります。
金利には上限と下限が法律上決められており、上限以上の金利を取る事を禁止しています。

グレーゾーン金利で融資を行っていた2008年当時の消費者金融について

2008年当時は、消費者金融が守らなければいけない金利の法律「利息制限法(上限20.0%)」を飛び越えた上限29.2%と言う高めの金利で貸し付けを行っていました。
ややこしい事に利息制限法以外にも金利にまつわる法律があり、それを「出資法」と言いますが、29.2%は出資法の上限金利なので、実際利息制限法の上限金利を飛び越えても、違法ではないと言うグレーゾーンが生まれる事となりました。

いわゆる法を潜る「抜け道」として、消費者金融はこの出資法の金利にて貸し付けを行っていました。

現在ではグレーゾーン金利は廃止となっていますので、このグレーゾーン金利での貸し付けを行う金融会社は存在しません。


★お勧め金融情報サイト★

キャッシング審査甘い即日融資

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

トップページ | 間違った情報 »

消費者金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533751/10311545

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者金融の金利について:

トップページ | 間違った情報 »