« 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ | トップページ | 住宅金融公庫の公的融資と銀行の民間融資 »

出資法と利息制限法について

お金の貸借には「出資法」と「利息制限法」という二つの法律が存在します。貸金業者の金利を制限する事を目的に定められた法律です。

利息制限法とは、民法上の解釈で定められた利息制限であり、元本10万円未満の利息はは年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、100万円以上は年利15%までにするように、と定義されています。しかしこの法律は破っても罰則はないため、消費者金融などは利息制限法以上の利息でお金を貸し出しています。

出資法とは、年利29.2%を超える利息で金貸し業を営む事を禁止している法律で、違反すると5年以下の懲役又は3000万円以下の罰金が科せられます。その為、利息制限法を越えた金利で貸し出ししている大手消費者金融なども、出資法の29.2%という上限は厳守して営業しています。逆に言えば、29.2パーセント以上の利息を請求する金融業者は全て非合法(=ヤミ金)だということです。

利息制限法以上、出資法以下の利息(20~29.2%)を取る消費者金融などは「グレーゾーン」だと言う専門家もいるようです。しかし現実として、消費者金融が国からおとがめなく営業している事実を考えると、現在の日本では利息制限法は有名無実化しており、金利の上限は出資法の定める年利29.2%が上限なのだといえます。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

« 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ | トップページ | 住宅金融公庫の公的融資と銀行の民間融資 »

消費者金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533751/10633931

この記事へのトラックバック一覧です: 出資法と利息制限法について:

« 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ | トップページ | 住宅金融公庫の公的融資と銀行の民間融資 »