« 早急に相談を | トップページ | 過払いになるかの判断基準 »

自己破産/借金の返済方法を考える

借金の返済方法を考える
借金のリスト化は出来ましたか?
自分の借金の状況が把握できたら次のステップです。

借金の整理方法は「自己破産」以外にも色々あります。

このサイトは自己破産を推奨しているわけではありません。自己破産はある意味最終手段、破産せずに返済できるのであればそれに越したことはないのですから。

借金の整理方法は主に次の5つになるでしょう。
自分の借金の状況を考え、自分にあった返済方法を選ぶ事になります。

1.そのまま返済
2.「任意整理」による借金整理
3.「特定調停」による借金整理
4.「個人再生手続」による借金整理
5.「自己破産」による借金整理

ここでは詳しく解説しませんが、それぞれ長所・短所があります。

どの方法が自分に合っているのかわからない場合は専門家へ相談した方がよいでしょう。

1.そのまま返済
既に借金をかなり返済しきっていて、弁護士に頼む費用・手続の面倒さの方が勝る場合は特に借金整理は行わず借金を返済していくという選択があります。

長所・・・弁護士費用・面倒な手続きが不要
短所・・・「利息制限法」の引き直し計算がないため損する場合がある

2.「任意整理」による借金整理
任意整理は、裁判所を通さず債務者と貸金業者等債権者が話し合い、お互いが合意した方法で借金整理を行う方法です。

とは言え債務者本人が「借金を減らしてくれ」「返済を待ってくれ」と言っても簡単に応じてくれませんので、弁護士や司法書士に依頼して交渉してもらうことになります。

強制力がなく、全ての債権者との間で示談が成立する必要がありますが、示談が成立すれば「利息制限法」の引き直し計算により、借金が減ることが多いうえに返済期限を延ばしてもらえるため、かなり返済は楽になります。

また、債権者本人が返済していきますので、保証人がいる場合も迷惑をかけず借金を整理できるのも大きなメリットでしょう。

長所・・・借金が減る、支払期限の延長、保証人に迷惑をかけずに済む
短所・・・弁護士・司法書士への依頼金、全債権者との示談成立が必要

3.「特定調停」による借金整理
特定調停は、裁判所の調停委員の協力を受けながら貸金業者等債権者と話し合い、お互いが合意した方法で借金整理を行う方法です。

基本的に「任意整理」と同じ流れですが、裁判所の仲介があるとは言え債務者本人が色々行わなければならないため、「任意整理」よりも多少大変にはなるでしょう。もちろん弁護士費用がかからないというメリットはあります。

裁判所とは言え拘束力はなく、債権者との間で示談が成立する必要がありますが、「任意整理」と異なり一部の債権者だけを選ぶことが出来ます。

こちらも借金が減るうえに返済期限を延ばしてもらえるため、かなり返済は楽になります。

もちろん保証人にも迷惑はかかりません。

長所・・・借金が減り支払期限を延ばしてもらえる、保証人に迷惑をかけずに済む、弁護士費用がかからない
短所・・・任意整理よりも手間がかかる

4.「個人再生手続」による借金整理
個人再生手続とは、原則3年間で法律の定める一定の金額について分割で返済する再生計画案を立て、裁判所で計画が認められれば残りの債務が免除されるという手続です。

個人再生手続きを利用するためには、継続的な安定収入があることが条件で、返済計画通りの返済を続けられれば財産が処分されません。

マイホームを手放したくない人は自己破産ではなく個人再生手続を選ぶケースが多いようです。

長所・・・マイホームを手放さずに済む、一部債務が免除される
短所・・・一定の収入がないと利用できない、手続が複雑で専門的な知識が必要(=弁護士費用が発生する)

5.「自己破産」による借金整理
自己破産はこのHPで説明しているとおりで、自分の財産をほぼ全て処分する代わりに、払いきれない借金を帳消しにしてもらう制度です。

長所・・・借金が全て帳消しになる
短所・・・マイホームなど、価値のある財産はほとんど処分されてしまう

どの債務整理方法が適しているいるのかは、財産・収入・借金状態などによって人それぞれです。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

« 早急に相談を | トップページ | 過払いになるかの判断基準 »

自己破産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533751/10453599

この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産/借金の返済方法を考える:

« 早急に相談を | トップページ | 過払いになるかの判断基準 »