« 多重債務者139万人 10月末 法改正で大幅減少 10日から相談ウィーク | トップページ | 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ »

返済できる金額を決めるには

毎月の返済額を決める場合、自分の月々の収入から生活していく上で必要な固定費を差し引きます。

固定費とは、家賃、光熱費、電話代、食費、保険料など、生活していく上で最低限必要な経費を指します。

個人によっては車や住宅を購入する際にローンを組んでいる方もいると思いますが、それらは全て固定支出と考え、毎月必要な経費として算入します。

注意すべきは収入をどうやって設定するかです。サラリーマンの場合は、固定給で考えましょう。残業代ボーナスなど特別な収入は、確実な見込み収入であっても全て除外します。

なぜなら、不意の支出に備えるためです。病気、ケガ、冠婚葬祭など、固定支出に算入していないが、年間を通して支出される経費は必ずありますから、臨時収入などはそちらの支出と考えましょう。

以上は借金返済のための基本中の基本です。

それを踏まえた上、借金整理のための妙案を考えていきましょう。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

« 多重債務者139万人 10月末 法改正で大幅減少 10日から相談ウィーク | トップページ | 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ »

消費者金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533751/10595979

この記事へのトラックバック一覧です: 返済できる金額を決めるには:

« 多重債務者139万人 10月末 法改正で大幅減少 10日から相談ウィーク | トップページ | 低金利ローンの審査に通過したけど・・・ »